当店は対面式会話補助具フィンガーボーのメーカー直販店です
フィンガーボードは文字を差すだけ、指先で意思伝達、文字を書くより速い!
                                        
対面式会話補助具「フィンガーボード」はAmazon.co.jp】にて発売中!
   
お急ぎの方は「お急ぎ便又はお届け日時指定便」をご利用ください 。

フィンガーボードは 病院、リハビリテーション・介護施設等透明文字盤と併用されています。
● 対面式会話補助具を検索すると聴覚障害支援用品ガイドにフィンガーボードが紹介されています。
● 対面式会話補助具 看護師を検索すると、看護師さんのサイト「看護力アップ」応援記にフィンガーボ
 ードの使用実例が紹介されています。
言語障害機能訓練用具としてご使用できます
 お使いの環境(ブラウザ等)の違いにより、実際の商品と色味が異なる場合があります。
   予めご了承ください。


フィンガーボード・ひらがな版 フィンガーボードの動画

ひらがな版 価格¥3,500円(税込)
   

   

  

 

【 対面式会話補助具「フィンガーボード」とは 】

 本商品は脳梗塞リハビリまたは言語障害気管切開手術等で言葉の発声に障害がある人、要介護高齢者、脳梗塞などの後遺症により口頭による会話が困難な人が、他の口頭障害がある人、あるいは健常者と指先で簡単に意思の疎通ができるひらがなの文字盤です。
文字盤には文字を指差す文字孔が複数あるのが特徴の会話補助具です。

          指先で意思伝達、文字を書くより速い
            「フィンガーボード」3つのポイント
 指先で文字孔を差すだけで意思の伝達ができます

筆談ができない方もご使用できます

指先が震えていても、文字孔を差せば文字は確定します


【 フィンガーボードの特長 】

「ひらがな版」は、ひらがな五十音の文字盤ですので簡単に意思の疎通ができます。
要介護者は指先でボードの「話し手」の文字孔を指して言葉をつくり、
 介護者に想いを伝えます。
■「フィンガーボード」
は、寝ている患者さんの姿勢に合わせてご使用できます。
筆談ができない方、言葉がご不自由な方も、指先で意思の伝達ができます。
フィンガーボードは、ご使用にあたって特別な練習の必要はありません。
 誰でも簡単にすぐご使用できます。

■使用例

~文字孔を指差した指先が文字を確定します~
~両面同じ文字だから交互に文字差しをすると簡単な文字会話ができます~

【 フィンガーボードはこんな文字盤です 】

 口頭による会話が困難な人(要介護者)が、介護者(聞き手)と向き合い、ボードの話し
手の文字を選びながら文字孔に指先を差して言葉を作り、話したいこと、伝えたいこと要望
等を介護者(聞き手)に伝える対面式の会話補助具です。

 フィンガーボードには、ひらがな版とイラスト版があり、指先を挿入する文字孔も複数あ
ります。文字孔の両面(話し手面・聞き手面)の同じ位置に、同一のひらがなや数字、記号
又はイラストを表示しています。
 使い方も簡単で、お子様から高齢者まで向き合えば速やかに会話ができる、コミュニケー
ションボードです。

 ■ひらがな版

~五十音と数字や記号が両面の同じ位置に表示されています~


【使い方】

・話し手(要介護者)と聞き手(介護者)の間にボードを介在させ向き合います。

・話し手は、伝えたいこと・話したいことを話し手の

文字や記号を選んで文字孔を差し、言葉を作って
聞き手に伝えます。

・聞き手は、指された指先の文字を読み、または指先をタッチして話し手の意志を汲みとります。


『 主な使用実績例 』

■東京都の有名公立病院リハビリテーション科では

・言葉がご不自由な患者さんのリハビリに「フィンガーボード」をご使用いただいています。

・パーキンソン氏病の方に使っていただいています。

・その他の公立病院や県リハビリテーションセンター・介護老人保健施設等でお役に立っています。


【 文字孔(もじあな)について 】

 話し手面から「あ」の文字孔を差すと、指先は反対の聞き手面の「あ」を示し、聞き手面
から「あ」の文字孔を差すと、指先は反対の話し手面の「あ」を示します。
 従って指差した両面同じ文字の「あ」は確定し、話し手・聞き手両者は同時に「あ」を
認識します。他の文字や数字も同じように、話し手の文字孔を指差して文字を確定します。
文字孔は、指先を挿入して文字を確定する孔で、話し手と聞き手を結ぶ小さな絆の窓です。

~話し手が文字孔の「あ」を指すと、指先は聞き手の文字孔の「あ」を指します~

■ひらがな版の特長

・文字孔の両面に同じ文字や記号を表示しています。

・話し手がゆっくり文字を差して、聞き手に伝えることでコミュニケーションを図ります。

・話し手が運動障害により文字指しが困難な方は、軽い文字指し棒を用いて文字孔を指差して
下さい。

■イラスト版
~両面同じイラストだから一度の指さしで意志の伝達ができます~






 





イラスト版の特長

・日常よく使う言葉をイラストにしたものです。

・話し手のイラストを一度指差すことで、伝えたいことが介護者(聞き手)に伝わります。

・イラストはひらがな版同様、文字孔の両面に同じイラストを表示しています。

・無地のスペースには、オリジナルのイラストや言葉を、シールや水洗いができる水性のサイン
ペン等で両面に表示してご使用ください。
(メーカーにより落ちないものがあります、ご注意ください)
・日常よく使うイラストを指差すと、意思の疎通が簡単にできます。

・忙しい病院の看護師さんや介護施設の介護士さんには、時間的な制約から意思の疎通は本当に
 必要な短い言葉に限定されるイラスト版が便利なようです。

ひらがな版 イラスト版
セット版の特徴

ひらがな版とイラスト版を一組にしたもので、それぞれの特長を活かして併用すると、話し手に負担を掛けず意思の疎通が円滑に行われます。
【 製品の仕様 】
□形状
・サイズ 250×345×2㎜
・孔の大きさ 直径13mm
・カラー グレイ
・PPシート ポリプロピレン
・印刷 シルク印刷
・重さ ひらがな版 78g
イラスト版 83g
□素材
「フィンガーボード」の素材には、ポリプロピレン シート(樹脂板)を使用しています。
ポリプロピレンシートは、軽くて衝撃に強く剛性・耐水性・耐薬品性に優れ、手触りが滑らかで使い易い
素材です。落としても割れたり欠けたりはしません。
また、ポリプロピレンは有害物質を一切含んでいない為、食器容器としても使用できるなど、衛生的で
無害な環境に優しい大手樹脂メーカーの製品です。


 【 事業所の名称 】

会 社 名 FTFプランニング合同会社
住   所 大阪府茨木市白川3丁目1-1-601
代 表 者 財 木 淳 子
業 務 内 容 対面式会話補助具「フィンガーボード」企画・販売
工業所有権 商標権 ・著作権
T  E   L 072-634-6711
F  A   X 072-634-6722
E - m a i l info@ftf-board.com